Biglobe WiMAX WiMAX2+

BiglobeWiMAXの月額料金を解説!ほんとうに安いのか?

投稿日:2017年4月5日 更新日:

老舗プロバイダーのビッグローブ株式会社が運営するBIGLOBE WiMAX2+には、月間データ通信量の上限がないFlat ツープラス ギガ放題と、月間データ通信量7GBまでのFlat ツープラスという2種類の料金プランがあります。

両プランの月額費用は適用するキャンペーンによって異なります。

またモバイル通信を使い慣れていないとどちらのプランにすればよいか迷うところでしょう。

そこで通信の種類毎に消費されるデータ通信量の目安をイメージできるようになっておくと、どちらが自分にあうかえらびやすくなるものです。

BIGLOBE WiMAX 2+の月額は?

BIGLOBE WiMAX2+は、各種インターネットサービスを扱う老舗プロバイダー「ビッグローブ株式会社」によるWiMAX2+サービスです。

大手プロバイダーのサービスで安心して使えることと、アンケートに答えるだけで約2万円の高額なキャッシュバックがもらえるキャンペーンを展開していることが、BIGLOBE WiMAX2+をえらぶ主なメリットです。

料金プランには、「Flat ツープラス ギガ放題」「Flat ツープラス」の2種類があります。

以下それぞれの料金プランの月額料金について1つ1つ解説します。

Flat ツープラスギガ放題

Flat ツープラスギガ放題は、月間データ通信量の上限がなく高速なモバイル通信をたっぷり使えるプランです。

BIGLOBEの接続サービスを他に使っていない場合は月額4,380円(契約1~2ヶ月目は3,695円)、他に使っている場合は月額4,180円(契約1~2ヶ月目は3,495円)です。

Flat ツープラス

Flat ツープラスは高速なモバイル通信を使えるのが月間データ通信量が7GBまでに抑えられた代わりに、ギガ放題プランより低価格なのが特長です。

データ通信量の消費がはげしい動画鑑賞などの利用をあまりしないのであればこちらをえらびます。

BIGLOBEの接続サービスを他に使っていない場合は月額3,695円、他に使っている場合は月額3,495円です。

なお仮にFlat ツープラスで1ヶ月に7GBのデータ通信量を消費すると、月末まで通信速度が最大128Kbpsと低速になります。

この通信速度ではLINEでのテキストメッセージの送受信やメール送受信ぐらいであれば支障はありませんが動画の鑑賞は難しいです。

またホームページを参照する際も、テキストメインの軽量なページでなければ開くのに時間がかかりとても快適ではないでしょう。

WiMAX2+では、大手携帯キャリアや格安SIMの通信プランのように月途中でデータ通信量を1,000円/GBなどで追加購入できない点にも注意が必要です。

この速度制限に抵触したら翌月に解除されるまで待つしかありません。

適用するキャンペーンによって月額の料金が変わる

BIGLOBE WiMAX2+では2種類のキャッシュバックキャンペーンがあります。

1つは20,000円のキャッシュバックを行うもの、もう1つはキャッシュバック額が13,000円と下がる代わりに月額料金が安くなるものです。

こちらのキャンペーンでは、Flat ツープラス ギガ放題プラン・Flat ツープラスプランの月額料金がそれぞれ以下の通りとなります。

なおキャッシュバックキャンペーンを適用しない場合は、NEC「LAVIE Tab E」タブレット(16GB)(7型もしくは8型)をキャンペーンでもらうことができます。

ただし、NEC「LAVIE Tab E」(8型・2017年3月22日時点)はインターネットショップAmazonで購入すると17,2895円で、キャッシュバックをもらう方がお得です。

キャッシュバックをもらえるのは契約してから約1年後なので、それより早くタブレットがほしいかどうかで、どちらのキャンペーンをえらぶかきめるとよいでしょう。

ギガ放題とFlat ツープラス、どちらをえらぶ?

プランの違いは月間データ量の制限があるかないか

Flat ツープラスギガ放題・Flat ツープラスの違いは月間データ通信量の上限があるかないかです。

回線品質や通信速度をはじめ、Flat ツープラスギガ放題・Flat ツープラスの両者にはその他のサービス品質には差がありません。

そのためモバイル通信で、データ通信量を多く消費する動画鑑賞などの利用が頻繁であればFlat ツープラスギガ放題をえらぶとよいでしょう。

そうでない場合は、月額料金が安いFlat ツープラスを利用します。

7GBでできること

とはいってもモバイル通信サービスを使い慣れていないと、月間7GBというデータ通信量がどの程度がイメージできないかもしれませんね。

そこでここでは、インターネットのどんな利用でどの程度のデータ通信量を消費するかの目安を示します。

ホームページの閲覧

ホームページ毎に容量の違いに差があります。

特にPC向けのページでは、高画質な画像やFlashなどを使い美しいデザインのものをよく見かけるでしょう。

とはいえ7GBもあれば、仮に1ページ約2.5MBという容量の重いページでも、1ヶ月で約2,800回(1日あたり約93回)も参照できることになります。

そのためホームページ参照だけで、1ヶ月でこのデータ通信量を使い切ることはないでしょう。

メールの送受信

メールの送受信に消費されるデータ通信量も微量なものです。

メールマガジンを自社サーバーで配信するような事業者ならともかく、個人利用で1ヶ月に約46万通ものメールは送らないですね。

1MB程度の軽い容量のファイルを添付しても1ヶ月で送受信するのは約7,000通もありますから、メール送受信だけで使い切ることはできないでしょう。

LINEの利用

LINEの利用もまた消費されるデータ通信量はごく少ないですから、月間7GBの上限があっても使い過ぎを気にする必要はありません。

1ヶ月に1人で約35万回(1日あたり1万通以上)もメッセージをやり取りすることはまず考えにくいですし、LINEの音声通話を約7,700分も使えるのであれば1日あたり4時間以上、31日連続で通話しても7GBは使い切れないことになります。

Skypeの利用

動画を送受信する通信では、膨大なデータ通信量が消費されます。

Skypeの利用でも音声通話ではそれほどのデータ通信量は消費されませんが、ビデオ通話では約194分で月間7GBのデータ通信量が消費されます。

そのためSkypeのビデオ通話を頻繁に使うのであれば、Flat ツープラスギガ放題をえらぶとよいでしょう。

YouTube動画(1回あたり約5分)の鑑賞

繰り返すように動画の送受信が発生すると、データ通信量の消費が飛躍的に増えます。

その上、表にあるように画質の違いによって消費されるデータ通信量に大きな差が生じる点にも注意が必要です。

たとえば超高画質(1080p)と低画質(240p)では10倍以上の開きがあります。

月間7GBでは、仮に標準画質(SD)のYouTube動画でも1ヶ月あたり約33.3時間(1日あたり約1時間)の鑑賞で、超高画質(1080p)の動画鑑賞では約5.1時間(1日あたり10分未満)で上限に達します。

そのためFlat ツープラスを契約する場合は、動画鑑賞を控えるか仮に鑑賞するとしても画質を落として節約する必要があるでしょう。

以上のように、通信の種類によって消費されるデータ通信量が大きく異なります。

Flat ツープラスを契約するのであれば、こういった違いを把握して膨大なデータ通信量を消費する通信を控えるなどの工夫や我慢が必要となります。

それを避けたければFlat ツープラスギガ放題がおすすめです。

Flat ツープラスギガ放題でデータ通信量を気にせず思いっきりモバイル通信を楽しめる環境を手に入れると、手放せなくなるでしょう。

プラン変更は毎月1回までOK

Flat ツープラス・Flat ツープラスギガ放題間のコース変更は1ヶ月毎に申し込むことができ、翌月から新しいプランが開始されます。

そのため最初にFlat ツープラス・Flat ツープラスギガ放題のどちらをえらんでよいかわからないのであれば、最初にFlat ツープラスを契約してみて、消費するデータ通信量が多い場合はFlat ツープラスギガ放題に乗り換えてもよいですね。

なお、料金プランを変更しても契約解除料や手数料は発生しません。

プランを変更しても契約期間は通算される

BIGLOBE WiMAX2+に限らず、WiMAX2+には2年の契約期間があり契約更新月以外に解約すると以下契約解除料が発生します。

表にある通り、契約期間が短い方が契約解除料は高額になります。

一方、Flat ツープラスとFlat ツープラスギガ放題の間でコース変更を行っても解約という扱いにはならないので、上記契約期間のカウントはそのまま引き継がれます。

契約1ヶ月目からの利用開始の扱いとなって契約解除料がたかくなってしまうことはないので安心して下さい。

まとめ

BIGLOBE WiMAX2+の料金プラン「Flat ツープラス ギガ放題」「Flat ツープラス」は、適用するキャンペーン毎にもらえるキャッシュバック額や月額費用、タブレットのプレゼントをもらえるか否かがかわります。

キャッシュバックキャンペーンをえらんだ方が、月額料金が安かったりキャッシュバックがもらえたりしてお得な一方、そのキャッシュバックをもらえるのは契約から約1年後です。

さきにタブレットが欲しい場合はキャッシュバックキャンペーンではなく、タブレットプレゼントのキャンペーンを利用するとよいでしょう。

また「Flat ツープラス ギガ放題」「Flat ツープラス」のどちらをえらべばよいかは、通信の種類毎にどれくらいのデータ通信量が必要なのか目安をすると決めることができます。

Biglobe, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.