ビックカメラで契約したWiMAXの解約方法と違約金まとめ

更新日:

大手家電量販店「ビックカメラ」が運営するBIC WiMAX SERVICEを解約するためには、サポートセンターへ電話するか解約届を郵送します。

なお解約のタイミングによっては、最大19,000円の契約解除料が発生するので注意してください。

契約解除料の支払いを避けるためには、2年毎に訪れる契約更新月中に解約する必要があります。

ただし契約更新月が3ヶ月以上先の場合は、それまでに加算される月額料金の方が高くなるので、契約更新月を待たずに解約した方が安上がりです。

ビッグカメラのWiMAX(BIC WiMAX SERVICE)とは

BIC WiMAX SERVICEは大手家電量販店「ビックカメラ」が運営するWiMAX2+サービスです。データ通信量月間上限なしの「BIC定額 ギガ放題プラン」が4,380円/月で提供されています。

またBIC WiMAX SERVICEでは、WiMAX2+加入時に「まとめてプラン」(L8の場合は1,547円/月)というオプションサービスも契約することでパソコンなどの購入価格が割引になるキャンペーンを展開しています。

BIC WiMAX SERVICEの解約方法

BIC WiMAX SERVICEの解約は、サポートセンターへ電話で連絡する方法と解約届を郵送する方法の2種類があります。

サポートセンターへ電話して解約する方法

以下に記載のサポートセンターへ契約者本人から連絡し、オペレーターへ解約したい旨を申し出ます。

電話番号:0120-99-5151(9:00~21:00/年中無休)

携帯電話:042-310-3710(有料)

21:00まで受け付けていれば会社帰りなどでもゆっくり連絡できそうですね。

ただし月末は混雑することが考えられるので、早めに連絡することをおすすめします。

解約日は当日から30日後まで選べるので、余裕をもって連絡して少し先の日付を指定しておく方が安心でしょう。

仮に翌月になったとしても、日付をさかのぼって解約日を指定することはできません。

なお解約月は基本使用料が日割で請求されます。

解約届を郵送して解約する方法

ダウンロードページから、解約届・封筒貼付用紙(法人の場合はあわせて解約届別紙)を取得します。

ダウンロードできない時は、お客様サポートセンターへ連絡して取り寄せることも可能です。

ダウンロードページには解約届の記入例もあるので一緒にダウンロードすると参考になるでしょう。

解約届に必要事項を記入してお客様サポートセンターへ郵送します。

郵送の場合、解約希望日は投函日から6営業日以降の指定しか出来ませんので、早めに手続きするようにしましょう。

BIC WiMAX SERVICE解約時に発生する違約金とは?

BIC WiMAX SERVICEに限らず、WiMAX2+は2年間の長期契約を前提とすることで月額料金が下げられています。

そのため2年毎に訪れる契約更新月以外に解約すると、以下違約金(契約解除料)が発生します。

解約までの期間契約解除料
1~13ヶ月19,000円
14~25ヶ月14,000円
26ヶ月(契約更新月)0円
27ヶ月以降9,500円
50ヶ月(契約更新月)0円

表にあるように、特に24ヶ月目までの解約だと契約解除料が1万円を超えて高くなり、26ヶ月目以降は9,500円となります。

更新月は25ヶ月目(24ヶ月目の末日も含む)となりますので、解約するのであればこの期間に手続きすることをおすすめします。

解約する際は、BIC WiMAX SERVICEを契約した日付から更新月がいつなのか、更新月以外の場合は契約解除料がいくらになるのか事前に確認しましょう。

WiMAX2+加入でまとめてプランを適用していた場合

BIC WiMAX SERVICEの契約時に同時に「WiMAXまとめてプラン」に加入していた場合、基本使用料(4,380円/月)にオプション料金(例:L8プランなら1,547円/月×24回分)が加算されています。

このオプションサービスは2年間継続利用することが条件となっており、仮にその前に解約するのであれば残りの料金(WiMAXまとめてプラン月額料金×残存月数)が解除料として追加されるので注意しましょう。

BIC WiMAX SERVICEの違約金の負担を減らす方法

違約金を支払わないためには、契約更新月を待って解約するしかありません。

ただし契約更新月が3ヶ月以上先なら、それまでにかかる基本使用料の方が高くなってしまうので早めに解約するとよいでしょう。

たとえば13ヶ月目以降の解約であれば契約解除料が14,000円となり、基本使用料を3ヶ月分以上(4,380円×1.08×3=14,190円)支払えば契約解除料よりも高くなります。

そのため違約金負担の面から考えると、更新月まであと3ヶ月を切っているならば性急な解約はお勧めできません。

再契約先として月額最安級のBroad WiMAXがおすすめ

月額料金がネックでBIC WiMAX SERVICEを解約するのであれば、再契約先としてBroad WiMAXをおすすめします。

Broad WiMAXのWiMAX2+プラン「ギガ放題月額最安プラン」は月額料金3,411円(契約1~2ヶ月目は2,726円、25ヶ月目以降は4,011円)で、BIC定額 ギガ放題プラン(月額4,380円)より約900円安いです。

その上、「WiMAXスタートキャンペーン」を利用すればWiMAX端末代も含めて初期費用が無料となり、事務手数料3,000円だけで契約できるのもBroad WiMAXを選ぶメリットです。

手軽に乗り換えられる上に利用料金の負担も軽くなるので、WiMAX2+を継続するなら乗り換え先としてぜひ候補に入れたいWiMAXプロバイダといえますね。

⇒BroadWiMAXでWiMAXを契約する

まとめ

ビックカメラのWiMAX2+サービス「BIC WiMAX SERVICE」を解約するには、お客様サポートセンターへ電話するか解約届を郵送することが必要です。

なお新しい端末を使いたかったり月額料金を安くしたかったりする場合は、Broad WiMAXへの乗り換えをおすすめします。

Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランは月額料金3,411円で、BIC WiMAX SERVICEのBIC定額 ギガ放題プラン(4,380円/月)より約900円安い上に、キャンペーン適用により契約事務手数料3,000円だけで契約可能です。

WiMAX, ビックカメラ, ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.