WiMAX WiMAX2+ ビックカメラ

2年間で大きく差が出る!ビックカメラのWiMAXキャンペーンとの比較

投稿日:

 

WiMAXサービスの申し込み方法はインターネットでしかできないと思っていませんか?

実はビックカメラやコジマなどの家電量販店の店舗でも申し込むことができるのです。

しかし、ビックカメラでのWiMAX申し込みは料金面からはおすすめできません。

今回、ビックカメラで申し込んだ場合に適用されるキャンペーンと具体的な料金についてご説明します。

これを読めば、他のプロバイダで2年間で最大30,000円もお得に利用できる方法がわかりますよ。

ビックカメラのWiMAXキャンペーンって?

ビックカメラでWiMAXを申し込むと「BIC WiMAX」という名前のプロバイダと契約することになります。

ビックカメラの店頭でWiMAXを申し込むことになりますが、モバイルルーターやWiMAX回線自体はUQ WiMAXの回線と同じになります。

ですから、他のプロバイダと違いが出る点は料金プランやキャンペーンなどのソフト面になってきます。

BIC WiMAXの契約キャンペーンは2つあり、どちらかを選択することになります。

セット割

ビックカメラ指定の商品から当日5,000円割引になるプランです。

セット商品にはパソコンなどの家電があります。

いわゆる「パソコンと購入時と同時にWiMAX契約で~円引き」というものですね。

ただしWiMAXの月額使用料金は変わらず4,380円です。

まとめてプラン

パソコン購入とWiMAX回線契約を同時に行うとパソコンの持ち帰り料金が割引きになるサービスです。

また、商品券でのキャッシュバックもあります。

すぐにでもWiMAXを使いたいときや直接説明を受けてから買いたいときに便利

ビックカメラでWiMAXを契約するメリットは2つです。

すぐにWiMAXが使える

ビックカメラの店頭でWiMAXを申し込んだ場合、回線の開通はその場ですぐに行われます。

さらに在庫さえあればWiMAX端末もそのまま持ち帰ることになるので、申し込んだその日からWiMAXを使用した快適なインターネットを行うことができます。

直接説明を受けられる

他のWiMAXプロバイダの場合、申し込みはインターネット上で行うことになり、不明な点は自身で調べなければいけません。

BIC WiMAXはビックカメラの店頭で専門スタッフにより契約を進められるため、不明な点があればその場で直接説明を受けることができます。

あまり機械が得意でないかたには特に重宝されますね。

選べる機種が豊富

BIC WiMAXでは家電量販店のWiMAXサービスということで豊富な種類の機種がラインナップされています。

その一例を挙げてみましょう。

L01

据え置き型のホームルーターです。4×4MIMOとCAの2つの技術を組み合わせ、下り最大440Mbpsという高速通信を可能にしています。

WiMAX2+、WiMAX、au 4G LTEの3つの通信モードに対応しています。

W04

重量約140gと持ち運びやすいモバイルルータータイプの端末です。

こちらも3つの通信モードに対応しており、WiMAX2+通信で下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。

WX03

モバイルルータータイプの端末です。

24インチのタッチパネル対応液晶ディスプレイを採用しており、操作がしやすいことが特長です。

こちらはWiMAX2+のみ対応しており、au 4G LTEモードは利用できません。

通信速度は下り最大440Mbpsです。

URoad-Stick

USBタイプのWiMAX通信端末です。

USBポートから電源を供給しているのでバッテリー残量を気にする必要がありません。

WiMAX2+、WiMAXの2つの通信モードに対応しており、通信速度は下り最大110Mbpsです。

URoad-Home2+

WiMAX2+対応のホームルーターです。

一度に16台の無線LANに同時に接続することができます。

通信モードはWiMAX2+とWiMAXの2つで、通信速度は下り最大110Mbpsです。

ただし、店舗によっては必ずしもこれらの機種があるとは限らないのでご注意ください。

WiMAXを契約して商品券がもらえる「まとめてプラン」

まとめてプランとはパソコン購入と同時にWiMAXを契約することでパソコンの持ち帰り料金が安くなったり商品券がもらえる特典がついてくるサービスです。

多くの種類がありますが、今回はその中でもまとめてプランL8とまとめてプランM8について詳しく見ていきましょう。

まとめてプランにはまずオプションの加入料金が月々必要になります。

その後、商品券としてキャッシュバックがあります。

まとめてプランL8は40,000円分の商品券のキャッシュバック、まとめてプランM8は25,000円分の商品券のキャッシュバックになります。

月額料金に定額を加算

前述したとおり、オプション料金があるので、月額料金に一定の額が加算されます。

具体的な料金設定は次の通りです。

月額料金は2年契約で、基本料金4,880円に最大25ヶ月のお得割-500円で4,380円です。

プラン名 加算料金 月額料金 キャッシュバック
まとめてプランL8 1.547円 5,927円 40,000円
まとめてプランM8 963円 5,343円 25,000円

実質割引金額は次のようになります。

プラン名 月額料金 適用後料金 割引金額
まとめてプランL8 5,927円 4,260円 120円
まとめてプランM8 5.343円 4,301円 79円

キャッシュバックの額の大きさに目が行きがちですが、まとめてプランの利用料金が加算されるため、実際には割引されてないと言っても良いほどの料金になってしまいますね。

ギガ放題プランしかないことに要注意

BIC WiMAXの月間7GBまでのプランである「BIC定額2+」は20152月に受付を終了してしまいました。

そのため、現在ビックカメラで申し込むことができるプランはギガ放題プランの「BIC定額ギガ放題」のみとなっています。

こちらのプランは月間データ量の制限がない定額プランです。

月額料金は4,380円で、2年間の契約です。

WiMAX2+WiMAXau 4G LTE3つの通信モードが使えますが、対応機種によっては使えないモードもあります。

また、au 4G LTEのみ利用月に1,005円の追加料金がかかります。

尚、契約期間中の契約解除料は以下の通りです。

利用期間 契約解除料
1~12ヶ月目 19,000円
12~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~ 9,500円

「頻繁にインターネットをしないので月額料金を抑えるプランにしたい」という方には割高になってしまうので、BIC WiMAXはおすすめできません。

ネットで契約できるプロバイダのほうが実はお得

ネットで契約できるプロバイダのほうがキャンペーンなどで月額料金が安くなるのでお得です。

GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」「@nifty」「So-net」のギガ放題プランと比較してみましょう。

プロバイダ 月額料金 キャンペーン 2年間総額
BIC WiMAX

(まとめてプランL8)

5,927円 40,000円

キャッシュバック

102,240円
GMOとくとくBB 1~2ヶ月目:3,609円

3~24ヶ月目:4,263円

31,000円

キャッシュバック

70,004円
Broad WiMAX 1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

月額割引 80,494円
@nifty 1~3ヶ月目:無料

4~24ヶ月目:4,350円

20,000円

キャッシュバック

71,350円
So-net 1~2ヶ月目:1,480円

3~24ヶ月目:3,480円

月額割引 79.520円

ご覧の通り、どのプロバイダでもBIC WiMAXより2年間の総額が安くなります。最大で30,000円以上もお得になるプロバイダもありますね。

まとめ

ビックカメラで申し込めるBIC WiMAXのキャンペーンにはセット商品が割引になる「セット割」と、パソコンとWiMAXの同時契約でキャッシュバックがある「まとめてプラン」があります。

しかし、どちらも月額料金がネットで契約できるプロバイダよりも高くなってしまいます。

WiMAX, WiMAX2+, ビックカメラ

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.