3WiMAX WiMAX WiMAX2+

3WiMAXキャッシュバックの受取り方の手順と注意点まとめ

投稿日:2017年2月14日 更新日:

3WiMAXは株式会社リンクライフによるWiMAX2+サービスで、33,000円という高額なキャッシュバックが行われることが主な特徴です。

しかしキャッシュバックの適用には月額合計1,350円の有料オプションに加入する必要がある点や、3WiMAX会員メールアドレスを変更した場合にプロバイダに連絡する必要がある点には注意しましょう。

またキャッシュバックが支払われるのは契約してから15ヶ月後の月末である上、手続きに煩雑な点があり少しでもミスをするとその権利を失います。

3WiMAXのキャッシュバックは本当にお得?

 

結論から言えば、3WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを利用した場合、24ヶ月間のトータルコストは全プロバイダ中最安級です。

33,000円というキャッシュバックは業界最高額で、GMOとくとくBBと肩を並べます。

しかしGMOとくとくBBと違い、3WiMAXならどの端末を選んでもキャッシュバック額はすべて同じ。

W04を契約した場合はどちらも33,000円のキャッシュバックですが、GMOとくとくBBではL01を選ぶとキャッシュバック額が29,100円に下がります。

3WiMAX GMOとくとくBB(W04) GMOとくとくBB(L01)
月額料金 4,330円
(3,695円)
4,263円
(3,609円)
4,263円
(3,609円)
キャッシュバック額 33,000円 33,000円 29,100円
24ヶ月間の合計 69,650円 68,004円 71,904円

GMOとくとくBBでは手に入らないU01を契約する場合はもちろん、L01を契約する場合も安さを追い求めるなら3WiMAXにしましょう。

⇒3WiMAX(スリーワイマックス)公式サイトでWiMAXを申し込む

キャッシュバックの受け取り方

3WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、単にWiMAX2+の契約をして待っていれば、自動的にキャッシュバックがもらえるわけではありません。

一連の手続きがあり、ルール通りに対応しないとキャッシュバック特典受け取りの権利を失ってしまうので注意しましょう。

以下3WiMAXでキャッシュバックを受け取るための注意点を、ポイント毎にまとめて紹介します。

オプションサービスへの加入が必須

キャッシュバックキャンペーンを適用するためには、以下にあげる2つの有料オプション(月額合計1,350円)への加入が条件となっています。

ただしルーターの到着後すぐにオプションを解約してもキャッシュバックの特典はなくなりませんし、契約解除料も発生しません。

逆に使う気がないのに解約するのを忘れてしまうと、月額1,350円高いままになってしまうので気をつけましょう。

ただし、安心サポートプラス・My SSサポートはWiMAX2+契約時にしか付与できないオプションで、解約後再び追加することはできないのでその点も考慮して解約するか否か慎重に検討したいですね。

安心サポートプラス(月額550円)

取り扱い説明書に記載通りの正常な使用状態で故障したか水漏れによる故障が発生した場合に、無料で修理が行えるオプションです。

紛失や盗難、故意での故障、使用による劣化などでは保証されません。

また水漏れによる故障が無償で保証されるのは1年に2回までです。

My SSサポート(月額800円) ※最大2ヶ月無料

WiMAX2+の設定だけにとどまらず、パソコンやスマートフォンの困りごとを電話もしくは遠隔操作で365日(9:00~21:00)サポートしてくれる有償のオプションです。

Officeや年賀状作成ソフトといったパソコンソフト、プリンタやルーターなどの周辺機器などの設定、スマートフォンの基本操作に関する設定まで幅広くサポートしてもらえます。

さらにMy SSサポートにはパソコン・Android端末対応の高機能セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」も付与されています。

 

My SSサポートについては最大2ヶ月無料となるので、まずはサポートを何度か使ってみて継続するか否か決めてもよいのではないでしょうか。

遠隔操作による手厚いサポートまで行ってくれるので、特にパソコンやスマートフォンの操作に自信がない場合には助かるでしょう。

受け取りは15ヶ月後の月末

買いたいものがある場合は、33,000円ものキャッシュバックを契約してすぐに貰いたくなるものですね。

キャッシュバックが決め手となって契約するのであればなおさらです。

しかし3WiMAXのキャンペーンでは、キャッシュバックが指定口座に振り込まれるのは残念ながら開通から15ヶ月目の末になります。

契約してもすぐにもらえるわけではないので注意しましょう。

3WiMAX会員メールアドレスにエントリーメールが届く

開通月から13ヶ月経過した後の15日に「キャッシュバックエントリーメール」が配送され、このメールに従って専用のウェブサイトから受取口座を指定する必要があります。

ただしキャッシュバックエントリーメールの送り先は、GメールやYahoo!メールなど普段から使い慣れている連絡先メールアドレスではありません。

3WiMAX契約時に提供された会員メールアドレス宛となるので注意して下さい。

このメールアドレスの存在を忘れてキャッシュバックエントリーメールに気付かず、メール送信の翌月末までに口座登録を行わないとキャッシュバックの権利を失ってしまいます。

その他にもキャッシュバックの受け取りには、以下の注意点があります。

  • キャッシュバックエントリーメールの再発行不可
  • 料金滞納でキャッシュバックキャンペーンの権利は無効
  • エントリーメール配信前のコース変更や解約はキャッシュバック対象外
  • キャンペーンは24ヶ月の継続利用が前提条件
  • 24ヶ月以内の解約はキャッシュバック返金を要求されることがある
  • 指定口座不備・メアド不備はキャッシュバック権利失効
  • 会員メールアドレスを変更後3WiMAX側へ変更連絡しないと、キャッシュバックが行われない
  • 振込日や振り込み完了に関する連絡は行われない

キャッシュバックキャンペーンは、このように注意点が多く、ちょっとした手違いやミスで権利を失ってしまうのがデメリットといえます。

このキャンペーンを利用した場合は、あらかじめ一通り注意点を確認した上で、十分に気をつけるようにしましょう。

カレンダーに印をつけておくなど、キャッシュバックエントリーメールが届く時期に気付ける工夫をしておくことも有効です。

高額なキャッシュバックを目当てに3WiMAXを契約したのに、手続きにミスをしてその権利を失ってしまったら、ショックが大きいですね。

他のプロバイダのキャッシュバックとの比較

WiMAX2+の各プロバイダは、他社と差別化を図るためにさまざまなキャンペーンやサービスを展開しています。

キャッシュバックキャンペーンを行っているWiMAX2+プロバイダについても、3WiMAXに限りません。

以下にあげるプロバイダでもキャッシュバックを行っています。

プロバイダ キャッシュバック額(平均)
GMOとくとくBB 30,000円
3WiMAX 33,000円
So-net 20,000円

この表にあるように、プロバイダによってキャッシュバック額がそれぞれ異なっています。

WiMAX2+プロバイダのうちキャッシュバック額が高いので有名なのがGMOとくとくBBですが、月ごとに、また端末によって金額が変わってくるのがネックです。

その点3WiMAXはどの端末を選んでも等しく33,000円のキャッシュバックがもらえるのが大きなポイントですね。

なおキャッシュバック手続きに煩雑な点があり、受け取りに失敗する可能性があるのはどこのプロバイダを選んでも変わりません。

キャッシュバックがすぐ受け取れなかったり、口座登録の手続きを別途する必要があったりする点は3WiMAXと同様です。

まとめ

3WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、28,000円もの高額なキャッシュバックが受け取れます。

ただし、基本の月額料金以外に月額200円の会員料金を支払う必要があったり、キャッシュバックの受け取りには合計で月額1,330円になるオプションに加入しなければならなかったりする点には注意が必要です。

キャッシュバックの受け取りに関しても煩雑な手続きがあり、少しでも手続きにミスがあるとその権利を失ってしまいます。

キャッシュバックキャンペーンを利用して3WiMAXを契約するのであれば、あらかじめこれらの注意点を十分に理解しておきましょう。

3WiMAX(スリーワイマックス)

3WiMAX, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.